【沖海4】ハイビスカスモードで左だけチカチカを初めて見た

家臣です。

少しずつ暖かい日も出てきて、なんだか春が近づいてきた気がする今日この頃…。

拙者はふと『海』が打ちたくなり、気が付いたらホールへと向かっておりました。

沖海4の安心感

沖海4

なにこの安心感…。

海物語シリーズに座るといつも思うのですが、この謎の安心感はなんなのでしょうね。

まるで実家に帰省して久しぶりに自分の部屋で寝っ転がった時のような、不思議な気持ちになりますな。

さぁタコよ、カメよエビちゃんよ…そしておジュゴン様よ…。

3つ揃いて拙者の安心感をさらに高めざるを得ない状況にしておくれ!

ハイビスカスモード

拙者、沖海4ではハイビスカスモードが1番のお気に入り。

思わぬところで液晶のハイビスカスがチカチカするのが、まことにたまらぬのじゃ。

早くチカらんかのう。

ううむ、やはり夕方くらいではボタンすら出てこないか…。

たまには早めにビョンビョン(確変)してもいいのだがのう。

…そう思いながらも、安心感からか眠くなってきた拙者がいた。

ふあ〜あ。

え?

つ…つかわあす!(褒めて)

なんだいつの間にそんなことになっておったのだ!?

まったく…

ウリンかわいいのう。

沖海チャンス(確変)突入

開けビスカス!

ハイビスカスモードでは確変中に花が開いていれば確変継続ゆえ、拙者はとにかくビスカスが咲くのを願っていました。

満開じゃああああ

よしそのままリーチをかけよ!

よおおおおし!

図柄は2だが花が咲いておるゆえ当たれば確変…さぁこい!

ぐっ!

外したか…だがまだチャンスはある!

カニきたああああああ

今度こそ当たれええええい!

貴様…!

なんだその「知りませんけど」と言いたげな目は!

カニ政宗に連行されたいのか!

く…なぜ花が満開なのに拙者の心は満開にならんのだ…。

だがまだ終わったわけではない。

頼む、素晴らしい海の物語を見せてくれ!

は?

花が…萎んでしもうた。

▶︎ここまでの投資:5,500両

奇跡のチッカ

…………。

まったく…こんなに大好きなハイビスカスモードなのに、なぜいつも花が萎んでから当たるのじゃ。

もっとたくさんのチカチカを見せてくれてもいいのにのう。

ぎゃああああ

無礼者…!

突然玉から静電気が指にチカッと走り、思わず悲鳴を上げてしまう拙者。

この世でチカッとしていいのはビスカスだけなのを知っての狼藉か!

処すぞ…

処すぞ貴様…!

…待てよ。

大当たり中、仕方なくカラビナで玉をならしながら拙者は思いました。

これはチカの前兆か?

そうだ、そうに違いない。

さっきのはきっとフライングチッカで、本チッカはきっと時短中にくる。

そうだ。

こういう時のカンは当たるもの。

さぁ、カモンチッカ!

そして回すこと約80回転…。

褒めてつかわあああす!

本チッカどころか見たことのない『左だけチッカ』ではないか!

やはりさきほどのチッカは前兆…。

今日はいつもの拙者と違うぞ!

ふははははは!

枠外揃いからの当たり

褒美を取らせえええる!

左チッカから始まった確変は珍しく続き、気が付けば7連という久しぶりの楽しい時間でござった。

ここで確変が終わり、時短で引き戻すこともなく終了。

うーむ途中2Rを引いたせいであまり出玉は伸びなかったが、見たことのないものを見せてもらって満足じゃ。

カニを連行するのは勘弁してやろう。

さてこのあとどうするか…。

次回へつづく。

ここまでの収支

投資5,500両
回収5,480玉
収支+15,000両(だいたい)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。